遺言書作成|寝屋川・枚方・四条畷

電話番号電話番号
お問い合わせお問い合わせ
トップ事務所概要アクセス料金お問い合わせ
事務所概要アクセス料金
寝屋川・枚方・四条畷の司法書士寝屋川・枚方・四条畷の司法書士

遺言書作成

遺言書作成

  • 内縁の妻(夫)に財産を継がせたい
  • 子どもがいないので、妻(夫)だけに財産を継がせたい
  • 死後に親族間に遺産争いが起きないよう、今のうちに相続財産の指定をしておきたい
  • お世話になった方(または団体)に遺産を譲りたい
  • 世話をしてくれた娘に財産を多めにあげたい

そんな方には、遺言書の作成をお勧めします!

誰がどれくらい相続するかは、法律で決められています。
でも、遺言書があれば、その内容に従って相続手続きをすることになります。
当事務所では、遺言書の作成をサポートさせていただいております。


遺言書の作成をお勧めする理由

遺言書を作成しておらず、法定相続人が複数おられる場合は、相続人全員で遺産分割協議をしなければならない
のですが、例えば、主な財産が不動産だけというような場合は、法定相続分の通りに財産を分割するのは難しく、
遺産分割協議がまとまらない場合もあります。
そこで、相続人全員で遺産分割協議を行うのが難しそうな場合は、遺言書を作成し、遺言により誰がどの財産を
相続するかを指定しておくことで、遺産相続をめぐる相続人間の争いを未然に防ぐことできます。

遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。
当事務所では、自筆証書遺言と公正証書遺言の作成をサポートいたします。


自筆証書遺言

遺言者が遺言全文を自筆する遺言書です。作成日と氏名を記載し、押印すれば作成できます。

メリット
安く作れる。
いつでも自由に作成できる。
何度でも気軽に書き直せる。

デメリット
改ざんや紛失の可能性がある。
不備があれば無効になる。
相続開始後、家庭裁判所で検認を受ける必要がある。


公正証書遺言

遺言をする人が、公証人の面前で遺言の内容を口述し、その内容を公証人が書面にします。

メリット
不備のため無効になることがない。
家庭裁判所での検認手続が不要なため、相続開始後速やかに遺言の内容を実現できる。
改ざんや紛失のおそれがない。

デメリット
費用がかかる。
証人2人の立会が必要。


ご依頼の流れ

自筆証書遺言

  • ご相談
    お忙しい方につきましては、土日祝日・夜間のご相談も承ります。
    遠方のお客様も、お気軽にお問い合わせください。無料出張いたします。
  • 文案作成
    お客様ご自身で作成されてもかまいませんし、当事務所で文案を作成し、ご提案することも可能です。
  • 遺言書作成
    お客様ご自身で遺言書を清書していただきます。
    当事務所で不備等の確認後、ご自身で保管いただきます。
    (参考)2020年7月10日から、自筆証書遺言を法務局で保管する制度が開始する予定です。

公正証書遺言

  • ご相談
    お忙しい方につきましては、土日祝日・夜間のご相談も承ります。
    遠方のお客様も、お気軽にお問い合わせください。無料出張いたします。
  • 必要書類の準備
    お手続きに必要な書類をご準備いただきます。
    ・遺言者ご本人の印鑑証明書
    ・戸籍謄本(遺言者と相続人の続柄がわかるように)
    ・(財産を相続人以外の人に遺贈する場合)受遺者の住民票
    ・(遺産に不動産が含まれる場合)登記簿謄本および固定資産評価証明書
  • 文案作成
    お客様のご意向に沿った文案を作成し、ご提案いたします。
  • 公証役場との打ち合わせ
    当事務所が、公証役場と事前の打ち合わせをいたします。
    遺言書の内容を確認し、遺言書を作成する日程の調整を行います。
  • 公証役場にて遺言書作成
    公証役場で公証人が読み上げた遺言書に全員が署名押印します。
    この際、証人2人の立会いが必要です。うち一人は、当事務所の司法書士が証人として公証役場へ同行し、
    証人となりますが、もう一人はお客様の方で手配をお願いいたします。
    (注意:推定相続人、受遺者とその配偶者など利害関係人、未成年者は証人になれません)
    手配が難しい場合は、ご相談願います。
主な業務メニュー
不動産登記
相続登記
会社・法人設立
商業登記
遺言書作成
民事信託
成年後見
トップ 事務所概要 アクセス 料金 お問い合わせ